大切なことはすべてタピオカが教えてくれた

2019.10.8 キョウソウ

 

タピ岡の冒険

はじめまして!私、近ごろ人間界を席巻しております、タピ岡と申します。
ふだんは路上やショッピングモールでみなさんにお目にかかることが多い私ですが、今日はなにやら不思議な場所に連れてこられました。

どうやら、ALH株式会社というところのオフィスらしいです。
ずいぶんおしゃれなオフィスですね。
インスタ映えの権化といわれる私ですら圧倒されるレベルです。

ところで、どうして私はこんなところに連れてこられたのでしょう?

あっ…人間が…私をどこかへ連れ去ろうとしている…
これ以上どこへ行けと言うのですか…許してください人間様…

ここは…?
兄弟たちがたくさん陳列されています。兵馬俑かな??

おや…?
たくさんいるのは兄弟だけじゃない…?
人間様がめちゃくちゃいる…!
一体何が始まるんでしょう?

なにやら一生懸命、チームで話し合いをしているようです。

大勢の前で何かを発表しています。

ん…?
話し合いと発表…?
この感じ…私を片手に新大久保を練り歩いていた女子大生が話していたイベントの様子にそっくりです…
たしか、こういうのって「シュウカツ」っていうんですよね?
でも、あの女子大生が言う「シュウカツ」には、私たちタピ岡一族の話なんて1ミリも出てきませんでした…
よく分からないけど、私たち、新しいフィールドに足を踏み入れちゃった感じですか??

ついにタピオカで就活できる時代がやってきました

改めまして、こんにちは。EMUの中野です。
のっけからふざけ倒して申し訳ありません。
タピオカの気持ちになって記事を書いてみましたが、さすがにもう限界なので、ここからは人間として筆を進めます。ああ、書ける書ける。人間最高。

さて、去る9月26日、当社オフィスにてタピオカ飲み放題つき(!)の一風変わった就活イベントが開催されました。

とうとうタピオカと就活が掛け合わさる時代が来たんですね。
令和の幕開けって感じです。元号変わって5か月くらい経ってますけど。

それにしても、無限タピオカって最高じゃないですか?
でも、一体どこからタピオカが出てくるのでしょう?
あいにく私たち、キャッサバ芋を育てる事業は展開していないので、タピオカに関しては何の知識もございません。

そう、実はイベント運営の一翼を担ったのは私たちではなく、早稲田大学の「TAPIO☆KAI」さん。その名の通り、タピオカを愛しタピオカに愛された者が集うサークルです。


みんなナイスガイすぎる

さきほどタピ岡さん(もとい私)が見ていたグループディスカッションの様子を思い出してください。
あれ、どんなテーマで話していたと思いますか?

「愛とお金どちらが大事か」?
「男女の友情は成立するか」?
「バナナはおやつに入るか」?

いいえ、そんなありきたりなテーマではございません。

「タピオカが流行った理由を分析し、ブームを存続させるための施策を考えよ」です。

タピオカを飲みながら、タピオカについて考える…
なんともシュールな状況ではありますが、こういう雰囲気の中で就活ができたら、少しは肩の力も抜けますよね。
就活市場にも、こんなラフさが浸透していけばいいなと、タピオカを飲みながらぼんやりと思いました。

ありのままを伝え、ありのままを受け入れる就活が、当たり前になるように

「就活」には、「真っ黒なリクルートスーツで武装する」だとか、「テンプレートの回答を使いまわす」だとか、没個性的で堅苦しいイメージがつきまとう一方で、「#令和の就活ヘアをもっと自由に」プロジェクトが盛り上がりを見せるなど、着実に変化しつつもあります。
私たちもALHの新卒採用担当として、その変化の最前線に立ち続けていかなければいけませんね。

ちなみに、ALHの新卒採用面接には、リクルートスーツ武装もテンプレートの回答も、一切必要ありません。
もしこの記事を就活生の皆さんが読んでくれていたら、私たちと話すために着飾る必要はないのだということを、ぜひ忘れずにいてほしいなと思います。

 

さ、ゴンチャ行ってこよ…

 

中野はな
ALH株式会社 Entry Management Unit (通称:EMU)所属。
2019年新卒入社。人事領域で奮闘中。趣味は沖縄と京都とパンクロックです。