【Bookshelf vol.4】あなたのおすすめの本はなんですか?20卒編 part2

2020.10.29 ALHブログ

みなさん、こんにちは!BOUの山﨑です。
本日ご紹介するのが、前回に引き続き20卒編をお送りします!
今回も様々なジャンルの本が登場!
part1をまだ見てない!って方はこちらをチェックしてくださいね。

【Bookshelf vol.3】あなたのおすすめの本はなんですか?20卒編 part1

2020.10.23

上遠野さん「堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン

山﨑
1人目は上遠野さん。オススメの本を教えて下さい!
上遠野
はい!私、上遠野(かとの)が紹介する本は「堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン」です!


図もあったりしてとっても読みやすい!

山﨑
ゼロからイチを生み出すって、本当に大変ですよね。私もその点はとても苦労してます!
上遠野さんはどんな人におすすめしたいですか?
上遠野
現状を維持することに物足りなさを感じている人です。
この本は、プレゼンにフォーカスをあてていますが、プレゼンをするしないに関わらずなにか新しいことを求めた時に読んで欲しい1冊だと感じています。
本のタイトル風に言いますと、新しいこと(ゼロ)を実現(イチ)に近づけるすごい本ですね!笑
山﨑
なぜ、プレゼンだったのでしょうか?
上遠野
内容を引用すると、プレゼン力は「伝える力」なんですね。
ゼロをイチにするためには他者の協力が必要不可欠で、他者を巻き込み動かすことが大事だと。
だからこそ、あくまでプレゼンは手段であり、目的は「〜したい」を実現させること。プレゼンを成功させることはゴールではなくスタートラインだと述べています。
具体的な内容はぜひ読んでいただきたいところなので、私がこの本を読んで気づけたことが3つのワードでまとめました。
山﨑
おっ!そのワード気になります!教えてください!!
上遠野
一つ目は、「いいものは大いにパクれ
オリジナルじゃなきゃとか、変なこだわりは捨てること。
今あるものを吸収して、そこから自分なりに改良していくというやり方が賢いということを学びました。
二つ目は「自意識過剰はムダ
思っている以上に人は他人に興味が無い。まさにそうだと思います。(笑)
以前から意識していたことでしたが、改めて実感しました。
行動しないと結果は残せないので、勇気を持って行動あるのみですね!
そして最後に、「コミュニケーションで信用を積み重ねること
プレゼンは手段、という言葉がありましたが、信頼関係があればプレゼンは不要になるとのこと。
今からでもすぐにできるのは、これだと思いました。
真摯に、信用を積み重ねて積み重ねて、いざ実現したい何かが現れた時、信頼でゼロをイチにできるような人間になっていきたいと思います!
山﨑
私も思い悩んだ時は、いいものをパクって発想力を高めていきます!
上遠野さん、ありがとうございました!

堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン 著者:堀江貴文

※「FREE PREVIEW」はAmazonアプリをインストールしていない方は、ご覧になることができません。
内容(「BOOK」データベースより)
プレゼンは「ライブ」。「3分3部構成」がベスト。いいスライドはパクれ。「1対1の会話」のように話せ。共感を呼ぶ「Me、We、Now」。「堀江式メソッド」初公開!人生を変える「最高のプレゼン」極意。

弘津さん「言葉ダイエット」

山﨑
2人目は弘津さん。オススメの本は何ですか?
弘津
私が紹介する本は「言葉ダイエット」です!


雑巾のように絞られる言葉達に注目です!

山﨑
すごいインパクトのあるタイトルですね!!
弘津
この本のタイトルがもう目を引きますよね?
「言葉」+「ダイエット」ってたった二語を組み合わせてるだけなのに、本の内容はイメージが出来るこのタイトル!面白い!と思い読んでみて、予想通り面白かったです!!
山﨑
実際に書かれている内容って、どんなこと何でしょうか?
弘津
では、内容を一つご紹介しますね。
「先日ご提案頂いた企画について、正式にお戻しの方をさせて頂きたいと思います。その後、企画を社長に上げたところ、方向性や考え方は概ね問題ないものの、企画の内容につきまして改めて、ご検討・ご相談させて頂きたいと考えております。社長からの指示につき、基本的には、社長の意見に、私ども現場としても同じ方向をを向かうことをさせていただいておりますが、私ども現場としても、この企画にこだわりを持っておりましたので、修正をご提案いただく際に、修正後の説明も、社長からのネガティブがありながらも、いつも通りポジティブんな方向でご対応いただけると助かります。」
山﨑
!?突然長い文章でしたね。
ちょっと読む気がしませんでした。
弘津
おそらく上の文章を読んだ方は多分3人いるかどうかだと思います。
私もこの記事を書くにあたって初めてちゃんと読みました(笑)まあ何言ってるかよくわかんないですよね。流石にこれは誇張しすぎでは?と思うのですが、筆者は実際にほぼこれ近いメールを受け取っているそうです。実際この文が言いたいことは「現場がOKを出した企画なんだけど社長NG出ちゃいました!」これだけです。
山﨑
文量のわりに伝えたいことって簡潔ですね。(笑)
弘津
この本を読もうと思ったのも、タイトルのインパクトもありますが、もう一つ理由があります。
プロジェクト先で、チームリーダーや上司に質問するのは緊張するし、敬語をしっかり使わなきゃ!と畏るし、その結果として無駄に文章が長くなってしまうんですよね。なのでこのメール送信者の気持ちもとてもわかります。
ただ、いつまでも長文では、自分自身も大変だし、受取る相手も大変ですよね!なので、この本はとても勉強になりました!
山﨑
最後に、この本のアピールポイントを教えてください!
弘津
この本では、「そんな無駄をどうやって省くか?
いかに綺麗でまとまりのある文を書くか?」の解決策を教えてくれるヒントが詰まっています。
また、同書では読みたくなる文章構成方法やその実例も紹介してくれています!
発見がある文章は面白い」、「文章を書くことはストーリーを語ることだ」と、上二つもトピックの一部ですが、読みやすさにプラスアルファで必要なものは何かを知ることができます。
社内SNSに投稿する、Twitterで呟くなど形は様々ですが、この本でインプットして実際に自分の発信力を試してみるのもいいのではないでしょうか!(まさに今の私です!)
本の表紙に「電通コピーライター」という肩書きが大々的に書かれているあたり、広告業界の向けの本なのかな?と思われるかもしれません。電通特有の「電通です!」っていう圧が凄すぎて敬遠するかもしれません。
しかし本文自体も横書きでわかりやすい具体例あり、とビジネス書っぽくないので、私みたいな社会人1年目のペーペーには読み易いかと思います!
山﨑
ありがとうございます!私も言い回しくどいこと多いので、見習います!!

言葉ダイエット 著者:橋口幸生

※「FREE PREVIEW」はAmazonアプリをインストールしていない方は、ご覧になることができません。
内容(「BOOK」データベースより)
1文は40字以内、カタカナ語禁止、「させていただきます」禁止…すぐマネできる「文例」多数収録!

原さん「アウトプット大全

山﨑
最後は、原さんです!オススメの本を教えてください。
私が紹介する本は「アウトプット大全」です!


見た目はシンプルでも内容はギッチリ詰まってます!

山﨑
どうして、アウトプット大全を読んでみようと思ったんですか?
今回ご紹介する本は、一度社内SNSでYRUの加藤さんが投稿されていたんですよ!その投稿を見た後に、書店にて白と青で輝いているこの本が目に止まり、 「アウトプットの本を読んで、その内容について社内SNSでアウトプットしよう」と決めて買ったのがきっかけですかね!
山﨑
そうだったんですね!では、内容について教えてください!
内容としては、アウトプットの重要性具体的なアウトプット方法自己成長につなげる方法などが書かれています。 今回私は、「説明する」という内容について一部についてお話しますね!
ザキヤマさん、三角形の面積の公式は咄嗟に答えられますか?
山﨑
えっと、、、。確か[底辺×高さ÷2]とかでしたっけ?
正解です!中には、「こんなの当たり前だろ」と思う方もいると思いますが、「なぜ[底辺×高さ÷2]なのか小学生が納得できる説明をしてください。」と言われた時、一瞬考え込んだ方多いのではないでしょうか。
山﨑
そうですね、確かになぜこの公式なのかという理由を説明するとなると、難しいですね。すぐに答えられません。答えられたとしても、小学生に分かるようにとなると難易度も上がりますね。
私も「何となく分かるけど、説明…かぁ…。」となりました。
ここで、説明ができるかできないかでアウトプットの得意不得意が分かれます。
「四角形の面積[横(底辺)×縦(高さ)]に対して、対角線に一本線を引くと2つの同じ三角形ができます。 つまり、四角形の面積を半分にしたもの[(底辺×高さ)÷2]が三角形の面積になるということです。」 と、説明のイメージができた方、ストーリー的に記憶しているためアウトプット力につながります。 図を使うとさらに伝わりやすいです。
一方、公式のみ暗記しており、説明に躓く方はアウトプット苦手な傾向にあります。
伝えたい事としては、 何に対しても「説明する」つもりで物事を理解すると記憶に残りやすく、アウトプットもスムーズになるということです。
本を読む時も同じで、読んだらそれをシェア(アウトプット)すると決めて読むと理解力が格段に変わります!
山﨑
自分で理解していたとしても、他人に説明できないと理解できていると言えないですもんね!確かにアウトプットできるは理解力があるに繋がりますね!
私もこの本を読む前までは、社内SNSへの投稿に対して抵抗がありました。
しかし、読むだけじゃなくそれを書き出すことの大切さを知りました。 人に読まれるという緊張感があると、集中力もあがります。
「批判されそうやし、下手って思われる…」っていう気持ちももちろん分かります!! でも、批判すらされないままってもっと嫌ではないでしょうか!?
私はせっかくなら社内SNSへの投稿をもっと活用しよう! と思うようになりました。
「まず書いてみて、読んでもらう」→「おかしなとこは教えてもらう」→「学びが深まる」なので、ぜひみなさんもアウトプット力を磨いてみてはいかがでしょうか!
山﨑
原さん、ありがとうございます!私も社内SNSへの個人投稿は少ないので、これを期に発信してみようかなと思います!

アウトプット大全 著者:樺沢紫苑(かばさわしおん)

※「FREE PREVIEW」はAmazonアプリをインストールしていない方は、ご覧になることができません。
内容(「BOOK」データベースより)
説明、アイデア、雑談、交渉…すべての能力が最大化する。日本一情報を発信する精神科医が贈る、脳科学に裏付けられた伝え方・書き方・動き方。

20卒のBookshelf part2も各々のスキルアップにとても役立つ本ばかりでしたね!
上遠野さん、弘津さん、原さん、ありがとうございました!

今後も社員のみなさんがどんな紹介をしているか定期的に投稿していきます!
次回をお楽しみに!!

山﨑 彩加(やまざき あやか)
ALH株式会社 Branding Optimize Unit (通称:BOU)所属。
中途入社。インフラエンジニアの部署(RDU)からおかえり人事。
小学校時代のあだ名は「スナイパーザキヤマ」狙った獲物は逃しません。
ザキヤマの三大要素は「ゲーム」「ビール」「異世界転生」。