「ハモトラ」で学びの幅を広げよう! vol.2 Spring Boot

2020.7.30 制度・イベント

こんにちは!WBUの小菅です。
今回は、Javaのフレームワーク「Spring Boot」のコンテンツについて紹介させていただきます。
コンテンツ作成は、DSUの土屋さんにご協力いただきました!さす土!

土屋 亮介(つちや りょうすけ)
Development Scale Unit(DSU)所属、多角的スキルアップの一環で4月から6月までは育成に、7月からは中途採用に携わっている。
中途入社で、前職は舞台・TVの監督・制作スタッフ、物流会社営業と多岐にわたる。
人生の目標は、良き夫となること。「さす土」とは、「さすが土屋さん!」の略。

早くもvol.2となったハモトラ

2020年6月中旬、コンテンツとして「C#」がいよいよ動き始めようとした頃に「こういうことをやろうとしてるんだよね。土屋さんも何かやってよ!」と軽いノリでお願いしたところ、驚きのスピード感で「Spring Boot」のコンテンツを作ってくれました。

これもハーモナイズの賜物ですね。
ちなみに「ハモトラ」という名称も土屋さん命名だったりします。(知らない間に名付けられていました!笑)
「ハモトラって?」と思われた方は、こちらの記事をどうぞ!

「ハモトラ」で学びの幅を広げよう! vol.1 C#

2020.7.7

この記事のタイトルでvol.1と銘打てたのも、土屋さんのおかげです。さす土!


▲ 思わず吹き出してしまってますが、真面目に打ち合わせしてます。

Spring Bootの学習コンテンツ

Javaのフレームワークは便利な反面、学習コストが高いと言われており、使いこなせるようになるまでに時間を要することが多いです。
ALHの開発研修では、「Spring MVC」を中心にJavaのフレームワークを学ぶコンテンツがあります。そこである程度、フレームワークに関する知見を得ることが出来ますが、全てのフレームワークに応用の利くような深い理解が得られるわけではありません。
だからこそ、様々なフレームワークを学んでいくことが重要になります。

「Spring Boot」とは?
Javaのフレームワークには様々な種類があり、Spring BootはSpring Frameworkベースのフレームワークです。Spring Frameworkは拡張により、機能が充実する一方で、組み合わせて使うには煩雑な設定とノウハウが必要という課題があります。
Spring Bootの特徴として、その煩雑性をできる限り排除しており、必要最低限の設定と少ないコーディング量でアプリケーションの作成・実行を行うことができます。そのため、Spring BootはJavaのフレームワークの中でも人気が高く、需要も多くなっています。
※具体的にどのようなことを実施する予定なのか?
「Spring Boot」のハモトラでは、下記の項目を実施する予定です。
①APIを実装するため、まずは資料を用いてAPIを学習
②構築手順書を用いて開発環境を構築
③資料を用いてREST API(CRUD)・例外処理・Lombokを実装し、基礎を実践
④応用編として、複雑なSQLを実行する場合のSpring Data JPAの使用方法を実践
※前提条件として、Javaを学んだことのある方を対象としています。

ハモトラのコンセプト

ハモトラには、「Start small, Dream big.」というコンセプトがあります。
学習コンテンツはリソースの問題もあり、継続して運用していくことが課題です。特にコンテンツ作成者自身が公開から時間が経過した後も、資料の不備を修正し続けることは難しい場合もあります。
そのため、コンテンツ作成だけではなく、ブラッシュアップも希望していただければ、どなたでも対応可能にしています。

コンテンツの公開もハードルを下げ、始めやすいフローにしています。
明確な基準は、「コンテンツ作成者以外の誰かひとりでも資料を見て、学習・実施できたという実績があればOK!」のみです。
学習コンテンツと銘打つと、「素晴らしいもの」「完璧なもの」「誰からも称賛されるもの」を作らなければいけない…というイメージがあるため、自然とハードルは上がってしまいます。しかし、そのハードルによってチャレンジする機会が失われてしまうのは、とても残念なことです。
だからこそ、「Start small」の精神で、どなたでも始めることができるようにしました。
(そろそろ文字数も多くなってきましたので、「Dream big」に関しては、また別の記事で紹介させていただきますね。笑)

ハモトラは、2020年7月に生まれたばかりのコンテンツです。
色々な方にお力添えをいただきまして、おかげさまで複数のコンテンツを提供することができました。
引き続き、精進していきますのでよろしくお願いします!


小菅 深雪(こすげ みゆき)
ALH株式会社 White Base Unit(通称:WBU)所属。開発領域の研修を担当。7月からは中途採用にも関わっている。
中途入社で、前職では開発エンジニアとして、C言語・VB.NET・C#等の複数のプログラミング言語を経験。
人生の目標は、おばあちゃんになってもマリノスのゴール裏ではしゃぐこと。