5年のキャリアの中で数件の異動をどうにかこなした話

2020.5.25 制度・イベント

平和は笑顔から始まる」 – マザー・テレサ

これは、私が仕事中に心に留めている格言の一つです。笑顔は、すべてを円滑にします。例えば、部署異動のような状況でも。

部署の異動は多くの人々にとって非常に大きな問題です。いやいや、そりゃそうでしょ。自分のメインの仕事を変えるんだもん。大したこと大ありでしょ???

もちろん、私にとっても全く同じでした。

はじめに

まずはこれから始めるべきかと。さらっと自己紹介をしてみます。

初めまして、山本泉です!なんと2020年4月でALHに入社して5年目を迎えます。私は「いつもは」旅行や写真/自撮りやスーパー戦隊が大好きな、お気楽な26歳の女性です(何も言わないでください)。ただ、いつも楽観的な私は、ある一定の条件下で悲観主義にもなります。

例えば、異動とかね。(まあ今回のテーマなのでそうなるよね!)

いままでのキャリアについて

2016/4 – 2018/3

2016年4月にプログラミングエンジニアとしてキャリアをスタートしました。大学での専攻は社会学と宗教で、パソコン関係の経験はゼロ!私はOJTを終え、私のプリセプター(ALHの先輩社員)とともに官公庁系のプロジェクトに入りました。皆様のご想像のとおり、毎日が衝撃とパニックの連続でした。しかし、2年間エンジニアとして働いたことで基本的なプログラミングと、ユーザーのニーズに合わせた要件の作り方を学びました。


2018/4 – 2019/10

最初の部署移動は営業でした。もちろん、私は営業と人事管理に関する知識なんて持っていません!しかしそんなことも言ってられないので、私はエンジニアをサポートしながら開発やインフラのプロジェクトにアサインし始めました。どんな営業職でも経験する、クライアントが私に対して厳しく当たる状況も多々ありました。しかしこの経験があったからこそ、利益を出すことができた際に嬉しさ倍増でした。私は営業で人事管理と財務上の金銭感覚について学びました。


2019/11 -現在

私は現在、White Base Unitと呼ばれる部門でインフラ講師として働いています。基本的にインフラ研修と弊社のミッションスタイルを新入社員に教えることをやっています。先ほどの部署異動と同じように、私はインフラに対する知識がほとんどありませんでした。私の唯一の経験は、「ビールサーバー」制度を利用しての自己学習でした。しかしWBUは、教育部門への異動を肯定的に受け入れてくれました。私は今、新人とコミュニケーションをとることを楽しみに仕事をしています!

ALHでの異動って?

まあ、このタイトル通りです。私の異動は、あんまり関係ない部署なのに、どうやって起こったんでしょうか?

元々プログラミングをしていたので、プログラムテストを専門とする部署に移るのは自然に聞こえるかもしれません。ただ、結果として営業と人材開発に異動しました。

いやいや、なんで?

これは弊社の「おかえり人事」制度のおかげです。

おかえり人事制度とは
一つの部署の経験だけでなく、様々な部署の仕事を経験することで広い視野を持ったマルチな能力を育成する制度。他部署に異動してもまた戻ってくることができる。

現在とこれから

おかえり人事制度の説明を見ると、私がフルに制度を使って新しい環境や仕事に挑戦しているのがお分かりいただけたかと思います。ただ、最初は部署異動をするのに、全く前向きではありませんでした。

おかえり人事以前の私は、エンジニアとしてのキャリアについて悩んでいました。私の同期はキャリア的にどんどんステップアップしていって、自分だけ取り残されているように感じていました。ちょうどその時、営業部の部長が私に異動を持ち掛けてきました。私は自分が新しい環境に適応できるか甚だ疑問を持っていたので、営業への異動についてあまり前向きではありませんでした。自分を信じ切れなかったんだと思います。

かなり時間をかけて、考えて結論を出したことを覚えています。「今挑戦しなかったら、もともといたとこで腐るんだろうな」と。神は乗り越えられる試練しか与えません。結果として、私は提案にイエスで答えました。

今、私はこの決断を後悔していません。講師としての仕事はすごく楽しくて、毎日新しいことを学んでいます! 異なる部署で働いた経験から、様々な部署の人と協力するハードルが低いのが自慢です!そして、新しく挑戦することに抵抗がなくなりました。

しかし、挑戦することは常に楽しいわけではありません。そんな時に、文頭の格言を思い出します。毎日の挑戦の中で心掛けているのは、笑顔でいること!言うだけは簡単ですね。シンプルイズベストってやつです。ただ、そこまで簡単ではないです。(笑)笑顔は課題解決に対して円滑に働くし、周囲との雰囲気も良くなります。それに、自分の研修講師がいつも機嫌悪いのって嫌ですよね?常に心掛けていきたいと思っています。

最後に

私は、だれもやったことのない新しいことに挑戦させてくれるALHに感謝しています。経験のない初心者に自由に挑戦させるって、かなりのリスクだと思います。この風通しの良い社風のおかげで、私は毎日新しいことに挑戦し続けることができています。たくさん失敗もしてますが、これからも毎日挑戦し続けます!

山本泉
ALH株式会社 White Base Unit(通称:WBU)所属
新卒でALHに入社。気まま旅行と、写真撮影が好き。
アナザースカイはマルタとクロアチア。動物なら何でも可愛いと思う単純思考。特に爬虫類が好き。