事業・サービス

ネットワークテクノスがALHグループにジョインしました!

著者近影
カンタービレ 編集部

この度ALH株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:畠山 奨二、以下「ALH」)は、ソフトウェアの受託開発を中心に提供する株式会社ネットワークテクノス(本社:福岡県福岡市、代表取締役:田中 達也、以下「ネットワークテクノス」)の株式(持分比率 100%)を取得したことをお知らせいたします。

株式会社ネットワークテクノスついて
ソフトウェア開発事業を主軸とし、地域IT推進事業(業務効率化におけるシステムのご提案・開発・運用保守)、ニュービジネス事業(ソフトウェア技術を利用した新しい利用シーン実現に向けた研究開発)など幅広く事業展開を行っている。
コーポレートサイト:http://www.nwtcns.com/

今後の展望

事業について

ALHは東京に本社を置き、ソフトウェア開発を中心とした幅広い事業を展開しています。ALHの拠点の一つでもある福岡で顧客基盤を拡大することは、今後更なる事業の拡大、成長を目指す上で非常に重要だと考えています。この度、福岡を中心に事業を展開するネットワークテクノスと事業連携することで、東京・福岡双方における顧客基盤の更なる拡大、強化を見込んでおります。

採用について

ALHは日本のIT人材不足という社会課題の解決に向け、積極的な採用活動を行っています。
これまでIT未経験者・経験者を継続的に採用し、独自の研修カリキュラムを通して累計1000名以上のエンジニアを育成・創出してまいりました。
その過程でALHに蓄積してきた採用ノウハウや教育ナレッジを共有することにより、ネットワークテクノスの採用チャネル拡大や技術レベルの更なる向上が期待できます。

ネットワークテクノスのグループ参入を機に、それぞれの強みを活かしてともに成長をし続けてまいります。

この記事を書いた人

著者近影

カンタービレ 編集部

CANTABILEはALHの「はたらく」を伝えるメディアです。キャリア・カルチャー・テクノロジーを歌うように楽しくお届けします。 このライターの他の記事を見る

この記事をシェアする